· 

続 イエベとブルベ

 

 

さて、前回の続きです。

 

 

世の中こ~んなに人がいるのに

イエベとブルベの二択に分けるなんて!

 

 

っていうお話をしましたが、それでもやっぱり

 

二代巨頭!!!!!

 

な感じで取り上げられるのは事実です^^;

 

 

 

特に、わたしたち日本人が俗にいう「黄色人種」のせいか

 

自分のことをイエローベースと決めつけて

しかもなぜだか凹んじゃう女性が、多いです・・・

 

 

これも前回お話したかと思いますが

かりにイエベさんだとしても

イエベだからって青が絶対合わない、なんてことには直結しません。

 

イエベさんには4シーズンでいうところの

スプリングさんとオータムさんがあてはまるわけですが

スプリングさんならば明るめの・・・

たとえばコバルトブルーだったり、ターコイズブルー。

オータムさんならより暗めのターコイズや

緑っぽいインクブルーなどなど、

 

必ずそれなりにお似合いになるタイプの青があるんです^^

 

この違いは、もって生まれた色素が関係するのですが

 

黄みのある肌でも明るいトーンがお得意なスプリング

暗めトーンがお得意なオータム

 

と分かれるのは、

 

皮膚が薄めでお顔に色が映りやすいスプリングさんは

明るい色を顔まわりにもってくると、ぱっと華やかな雰囲気になったり

顔色がよく、健康的に見えたりするからで、

 

逆に暗めの色をもってくると

顔が暗くなったり、ない「クマ」があるように見えてしまったりと

よけいなトラブルのもとになってしまうんですね。。。

 

それが、お酒を飲んだり日に焼けたりしてもあまり顔が赤くならないような

しっかりした皮膚をお持ちのオータムさんだと、

顔まわりに明るい色をもってきたとしても、顔色に反映されず

むしろ服だけが明るく浮き上がってしまったりする可能性があります。

その分、暗い色をもってきても色に負けずにかっこよく着こなせる強みも!

 

 

 

 

こんなふうに、単純にイエベかブルベかだけでは片づけられない

こまかな要素が、「パーソナルカラー」にはあるんです♪

 

明暗やカラーだけではありませんよ。

 

鮮やかな感じが得意か、くすんだ感じが得意か

光沢が得意か、マットが得意か

大ぶりの柄が得意か、小ぶりの柄が得意か・・・・・・・

 

挙げればきりがありません。

 

 

そうそう

 

 

1stシーズンがイエベなのに、2ndシーズンがブルベ、なんてことも

よくあります。

 

それは色みのインパクトよりも、明るさや彩度の要素が勝っているということ。

 

かくいう私も、1stシーズンはサマー、2ndシーズンがスプリングの

「明るいのが得意」タイプです^^

 

(※1stシーズン・・・パーソナルカラーの4シーズンのうち、いちばん得意なシーズン。2ndは次点です)

 

なのでどうか、イエベかブルベかの二択にしばられず

 

ご自分の選択肢をどんどん拡げていってくださいね!